サッカー好きやねん。

サッカー好きやねん。言いたいこともあんねん。

レアル・マドリード 4-2 鹿島アントラーズやねん。

クラブワールドカップは大好きな大会、とか言いながら、ここまで見たのは鹿島vsオークランドのみというその辺のサッカーはワールドカップとか代表戦しか見ません〜なミーとハーの方々よりも見られてない状態で、結局3決も見られず、南米推しとか言いながらアトレティコ・ナシオナルを1試合も見ずに、迎えるは決戦鹿島vsレアル。

鹿島が勝ったら面白いけど、レアルが負けてもおもんない、特にあーだこーだJリーグに物申したいことがあるんですというスタンスで日々を過ごしている以上、勝たれると困る。いい試合をして、「でもやっぱりレアルは強かった」となってほしい、というのが切な願い。

 

その思いが届いたか、白い巨人が瞬殺で先制。ベンゼマ。その直前のモドリッチのシュートも、さすが最高レベル、そっからでも打てるところにコントロールして打つよね、と独り拍手喝采。押し込まれる鹿島。マルセロのタックルに、これが世界や、となぜかドヤ顔。

しかしながら崩れない鹿島。というより、「普通にやってる」鹿島。どう見てもモドリッチとクロースがバチボコうまい。個々の能力では圧倒的な差。ボールは持てない。持たせてもらえないし、取れないし、という大人と子供な展開。にもかかわらず、揺れない鹿島。べつにボール持てないから何?マルセロのタックルが凄いから何?モドリッチうまいのは知ってるよ、そんなん誰でも知ってるやん、はいはい、という感じで、涼しい顔して試合を進める。

この辺からおや、と思い始める。妙にバランスのとれた試合展開。

鹿島は個々のレベル差は承知の上で、べつに大したことはしてない様子。変にボールを持とうとするとか、やたらプレスをかけるとか、いつもと違うことをして自滅する心配だけはないように見える。これは。これは孫子。知彼知己者百戦不殆。個々の差をわきまえた展開。「まあワンチャンスくらいはくるでしょ」という余裕を感じる。「だって、別に基本的には崩されてないし」。

そして生まれた柴崎の2点。さすがに大騒ぎ。

まあ、ここからが流石レアル・マドリードセルヒオ・ラモスは退場だったと思いますが、あそこで「ファールしたのは俺だよ」とか言うカゼミーロも、駆け引きとしては我々の発想をはるかに飛び越えてる。ロナウドの延長2ゴールも、それは取れんわという感じ。

 

かくして、鹿島がすげー頑張って感動したけど、やっぱりレアルは強かった、という俺得展開に収束。胸熱。

 

レビュー。

①鹿島、レアル、ともに普通。で、オーソドックスが最強。

前述の通り、鹿島の素晴らしさはレアル・マドリード相手に「別になんも変えなかった」ところ。普通にやって普通に負けた。レアル相手に。これがすごい。「いつもよりロングボール多くした方がよくね」とか「いつもよりプレス強くしね」とか、なってもおかしくない。で、鹿島は別にそんなのなかったような印象。だいたいは「いつもと違うこと」して、それがハマらず失点して、集中切れて崩壊してボロ負け、だと思います。が、鹿島はいつも通り。強いんか弱いんか、よく分からない。バルサとか広島、浦和みたいな目新しさはない。普通。ああ、よく見るサッカーやね。うん。安心して見られるね。という感じのサッカー。見所のわかりやすいサッカー。球際、ロナウド、金崎。でもたぶん、これが一番ハイレベル。これができるチームが一番強い。「大人のサッカー」って感じ。仕掛けすぎるやつもいないし、パスに逃げすぎるやつもいない。セオリー通り。

そして、レアルも普通。世界最高クラスの選手たちが「普通に」プレーしているという印象。個性は幾分強いけど、ルーカスでバランス取ってるし、「個の集まり」であるチームとして、普通。繰り返しますが、バルサみたいな目新しさはない。でもまあ当たり前に、レベルがめちゃんこ高い。世界選抜だし。2008-09あたりのマンチェスター・ユナイテッドと同じような感じ。ヤバい奴らが普通に頑張ってるという印象のチーム。バランスがいい上、役者はちゃんと仕事するし、そら強いわ、と。にしても、ルーカスは気がきくね。

鹿島vsレアル・マドリード、普通vs普通、結果的にお手本みたいな試合になったという感想。戦術がどーのとかじゃなくて、球際、個々の受け方、ゴール前では仕掛ける、守備は体を張る、キーパーはきちんと止まる、など、たぶん、基本が凝縮された試合。だからこそ見応えがあった。感動。

 

②でも差はある

これまた当たり前のことですが、それでも差は大きい。

やっぱり球際。レアル・マドリード。めちゃめちゃ強かった。ラモス一枚目のイエローカードのシーンは、完全に「金崎に」タックルしてる。ワールドクラスのセンターバックは、カード覚悟であれくらいくる(別にビビらなかった金崎も流石)。もちろんパス出しやらスピードも大事。そこの育成は否定しない。でも、トップレベルのセンターバックは、強さも、激しさもあった上で、うまさもある。フォワードも一緒。ベンゼマは倒れないけどしなやかで、点とった。真ん中も。モドリッチ、クロースは強くてうまくて、ずっといた。正直、柴崎はゴール以外では消えてた。残念。モドリッチと柴崎の差が、たぶんトップレベルとJの差。

球際、所謂デュエル。ま、球際。ここのレベルの差が顕著。五分五分のボールに対して、どれくらいのパワーで行くか。Jリーグが5なら、レアル・マドリードは9くらいはきてる。最近南米サッカー見てて思う。ブラジルは、ゆったりしてる中でも球際はバリバリ強い。アルゼンチンはとにかく強い感じ。ブラジルの方が変化がわかりやすい。あと、カテゴリーが下がったり、弱いチームになっても、球際の強さは残る。個々の球の扱いが多少下手になるけど、球際は強いまま。基本中の基本なんだろうなという印象。いずれにせよ、ゴール前はヤバい。「ここぞ」がどこか教えてくれる。一見の価値あり。

ハリルホジッチはこれを言ってる(はず)。今更デュエルとか新語になるのはヤバい。んじゃないか。普通に球際でええやんか。

 

確かに鹿島は素晴らしかったし、感動した。そこを否定する気はさらさらないけど、「日本のやってきたことは間違ってない」は言い過ぎ。なぜなら、Jリーグはあんま見応えない。やっぱり球際。五分五分のボール。スライディング、人へのチャージ、ファールすれすれ、というかファール、それくらいやってる。セルヒオ・ラモスはそれくらいやってきてたし、Jリーグでもそれくらいやってほしい。

 

 

愚痴っぽくなったんで、とにもかくにもまとめると、ええもん見れた、が率直な感想。年の瀬にええもん見れた。超嬉しい。

こういう地味にビリビリした試合が一番好き。鹿島とレアル・マドリードに感謝。

Jリーグチャンピオンシップやねん。

今更ながらチャンピオンシップについて。本当に今更ですけど。

 

①普通に盛り上がったと思う

リーグのチャンピオン同士がぶつかる(語弊あり)というのは、純粋にレベルが高いだろうなという想定で観れるのが良い。実際、特にセカンドレグは見応えあったし、テレビも盛り上げて、盛り上がった。

と、思います。そうだよね??

ようするに始まる前のワクワク感です。あー、今シーズンの王者がこの試合で決まるんだ、というわかりやすさ。今シーズンで一番強いチーム同士(語弊あり)の戦いだ!というわかりやすさ。

これはリーグ戦だけでは出せませんし。チャンピオンシップの醍醐味ですね。

 

まあ、あーだこーだいうなら年間順位いらなくね、普通に前期リーグと後期リーグで、各優勝チーム同士のぶつかり合いでええやん、と思いますけど。

ってラモスが言ってた。同意。

ていうかカンファレンス制でよくね、と。降格もプレーオフやっちゃえばいいじゃん?その方が、盛り上がるやん?って。

ここに関してはあとでも。

 

②とはいえがっかりなファーストレグ

 しかしながら、期待していたほどではなかったファーストレグ。両チーム守備意識が高すぎたのかどうかは知りませんが、腰の引けたというか、とにかくシュート少なすぎ。詳しい人がドヤ顔で言うには「両チーム慎重に入ったから」なのかもしれませんが、率直に言って、見ていてツマランの一言。寝そうになった。ていうか後半、寝てた。今シーズン最強の試合が最強に眠いという悲劇。テレビ叩き割りそうになってる、夢を見てました(寝てた)。

あとはやっぱり主審。PK判定が物議。個人的にはPKでいいと思うし、叩き方ってもんがあるやろとは思いますが、それ以外にも「おや?」っていうジャッジがあったのは確かです。うろ覚えですが、よくわからんイエローカードが出てた記憶、それにラモスがキレてた記憶があります、「ナンデカード出しちゃうのソレ!いやね、ボクね、イヤ、主審ソレ出しちゃダメダヨ〜〜ナンデソレでダスカナ〜〜!」って。

ていうか、審判決めた人にこそ文句言いたっす。「家本が吹く」というだけでザワザワするのに、なんでこの大一番で吹かせるのか。

家本さんがそれなりに「下手」なのは分かり切ってるじゃないですか。

審判の上手い下手は、「目立つか目立たないか」が一つ大きい。家本さんはどうしても目立ってしまう。そういう意味で下手ですッス。他の人だったら「なんだよヘタクソ!」で済むことが、家本さんだと「なんだよヘタクソ!家本やっぱり下手だな!おい、またかよ!はぁ?おいおいおい!」となってしまうんですから。選んだ人、センスなさすぎっす。はい。

審判云々もですが、やっぱり一番は試合がツマランかった。重要な一戦だから両チームシュート打たない、なんてあり得ないですから。チャンピオンズリーグの決勝は観ててバリバリオモロイじゃないですか。シュートばんばん打つし。シュート打てや!ドリブルで仕掛けろや!

期待していただけにがっかりでした。

 

③副音声実況、オモロイ

そんな残念なファーストレグで一つよかったのが、副音声での加藤とラモスの会話。実況や解説ではない。だが面白い。TBSは浦和vsG大阪も放送していて、その時もパンサー尾形とか出てましたが、あれも良かった。昔オールスターやってた時にやべっちが副音声実況やっててあれも面白かったですね。

ああいうの、純粋にエンターテイメントとして良い。もっとやってほしい。NHKもやればいいのに。早野のオヤジギャグよりはよっぽど面白い。アレもまあ中毒性があるといえばあるけど。

ぶっちゃけ元プロサッカー選手とかいっても、口下手だったら解説になりませんからね。いや解説にはなるんかもしれませんが、番組としてはツマラン。それだったらサッカー好きな芸人がペラペラ喋ってる方が観ている側は面白い。特に僕みたいなエンジョイ、ライト層は。だからサッカーアース、大好きです。笑

 

 ④面白かったセカンドレグ

うって変わってセカンドレグは面白かったです。それもかなり。めちゃんこ。開始から浦和のハイプレスがハマってました。というか球際が激しくてよかった。人にドーン!ファールでも止める!仕掛ける!シュート打つ!鹿島はタジタジ。とかいってるうちに興梠のボレーで先制。これも見事。チェーザレポレンギは「守備が…」と文句垂れ、僕も「どフリーやんw」と吹き出しましたが、シュートが見事なのは間違いない。まあ、守備はクソ。その後(前だっけ?)も武藤のドリブル突破からのシュート、ポスト当たったっけ、股抜きとかもあって、終始、オオッ!これじゃ、これが見たかったんじゃ!と歓喜。見入ってました。

浦和はのっけからペース上げすぎ?ていうか鹿島元気なさすぎね?これは終わったかなー、浦和優勝おめでとう!浦和はこのペースを最後まで維持できるかどうかが肝、というか、最初ハイテンポでゲームの主導権を握っても、90分維持は無理、どこかでスローダウンさせなアカンやろ、、ま、今日の浦和ならできそう。浦和優勝おめでとう!鹿島、これは勝てない!柴崎、消えてる!いるの?とかひとりでブツブツいってるうちに鹿島はシステムを変更。するとおや?おやおやおや?鹿島がボールを持つ時間が徐々に、ホントに徐々に増えてきました。すると浦和イレブンも「あれ?」と混乱。プレスが少しずつズレて、空転。浦和の選手の頭の上には「?」でしたね。これはわからんぞ、とか思って見てたら金崎のヘッドで同点。ここでもチェーザレポレンギ、「守備が…」とつぶやく。同意。ただ、シュートもよかった。ていうかチェーザレポレンギもそう言ってました。

後半は鹿島ペース。だと思って見てました。嘘です。後半は見てません。テレビつけてたけどちゃんと見てません。笑

PKで1-2になってからはしっかり見ました。

鹿島は勝ち方を知ってんなー、浦和グダグダだかー、という試合展開。西川が上がろうとしてUターンしたり、キレキレ武藤のシュートが宇宙開発して試合終了。そら浦和、勝てんわ。。。って、前半とは全く逆の両チーム。

とにかく、見応えありました。

全試合これくらいやれ!!

 

⑤チャンピオンシップ、好き

で、今年でサヨナラのチャンピオンシップに愛を込めて。

前期リーグと後期リーグにバッチリ分ける。それか、Jリーグセ・リーグパ・リーグに分けて、クライマックスシリーズ日本シリーズやりゃいいと思うんすよ。

チャンピオンシップやるなら、「年間勝ち点」。とにかくこいつが邪魔です。「年間」とかつけるの、邪魔です。

 

まず、前期リーグ優勝の価値を下げてた。ドイツでも「秋の王者」(冬だっけ?)はそれなりの名誉ですが、名誉だけです。だからこそ、価値があるんだと思います。あくまでもリーグ優勝が優勝チーム。でも、弱いチームが秋の王者になったりすると、やるじゃん、がんばってるじゃん、そのまま頑張れよ、となるわけです。それでええやんと。

これにタイトルをあげたことで、なんかチープになってしまったと感じてます。

模試でA判定出してお祭り騒ぎしてるようなイメージです。これ、いいたとえだ。我ながらいいぞ!

「秋の王者」は別に王者ではありません。バイエルン以外はだいたいそこから滑ります。鹿島も滑りました。結局一番がんばったのは浦和!というわけですな。年間勝ち点があったらそりゃそっち優先的に考えるでしょ、って。思います。入試落ちたら意味ないやん。

まぁ、実際のところは模試でA判定出したら合格のルールなんですけど。笑

で、合格者でチャンピオンシップやるんですけど。笑

でも今年通して一番安定してがんばったのは浦和君です!って言われると、、

一発勝負って、怖いな、入試って、ヤダな、と、浪人生レベルの感想しか出ません(たとえが悪い)。笑

 

やっぱりチャンピオンシップは盛り上がるんですよ。決勝戦って見応えありますから。トーナメントの後のない感じ、いいじゃないですか。

だから、両方楽しみたい。リーグ戦+チャンピオンシップ(プレーオフ)、は日本人のスポーツの楽しみ方に合致してると思うんですけどね。一番根付いてる野球がそうだから。

そもそも、リーグ戦が複数(回)あるって、日本人はそれでも楽しめると思うんですよね。プロ野球はカンファレンス制だし、相撲は場所制じゃないですか。だからサッカーだけ1シーズン制の必要はないんです。全然。

場所制なり、カンファレンス制なりでやって、チャンピオンを複数作る。この「チャンピオンを複数作る」は今回2シーズン制を採用した際の説明(後付けかな?)の一つでした。

中小クラブにとっては、タイトル取りやすくなる、イメージが、あるし。あくまでもイメージですけど、ね。

で、前期と後期とか、カンファレンス間で、ちゃんと分ける。「トータルでは」とか、出さない。言い訳になるから。笑

チャンピオンを複数作ったら、次に、フライパンにサラダ油を大さじ1入れて…ではなく、次に、キングオブキングス、王者の中の王者を決める、「お祭り」をやるんです。これがいい。わかりやすい。

2シーズン制、っていって、中途半端な2シーズン制をやるからダメなの。きっぱりわかりやすくやってください。

今年でいえば、鹿島、後期優勝の浦和、年間優勝の浦和、と3つタイトルホルダーでもよかったんじゃね、と思います。それはダルいな。とりあえず表彰だけでも。で、真の王者を決めるお祭りやろうや、ってやってれば、マシやったんちゃうん?

あれ、来年からは1シーズン制か。。わかりやすいな。。

ま、なんでもいいや。

グダグダ長いだけで、何言ってんのか自分でもわからんな。笑

なんでもいいから、オモロイようにやって。笑